@激安中古パソコンCPUについて@

中古パソコン

ようこそおこしやす
新製品も中古も低価格・高品質が一番!どうかネット販売日本一を目指している当ショップでお探しください

お探しの安いノートパソコンが見つかりますように

お探しの安いデスクトップパソコンが見つかりますように








CPUとはパソコンの頭脳ともいうべきものです
ということは、賢いに越したことはないですね!ただし「賢い=高い」になりますので、用途によって考えます

有名な種類
Pentium(ペンティアム)Celeron(セレロン)Athlon(アスロン)MacのCPUはPowerPC(パワーピーシー)

速度の見分け方
数字を見ます。「Pentium4 3.2GHz」←ちなみに私が持っているメインコンピューターを見ると
*この数字がCPUの速さを表していて、これが大きいほど計算速度が速くなり!賢いということになります

★このとき気をつけるのは、同じ種類で数字を比べることです!これはメーカー・商品によって基準が違うからです

ゲームをしたり絵を描くなどグラフィックの仕事をしたりビデオの動画編集などをしたい人は、賢いやつを買いましょう

最近の高速CPU紹介
第3世代インテル Core i7プロセッサー

 CPU速度比較一覧
種類 解説 速度評価
Pentium3 WindowsXPが出た頃にパソコンに搭載されました。出たころはみんなほしがったものです。 1.0
1
Pentium4 2005年ごろまで主流!動作も安定ですが消費電力が高かった。 1.0
1.5
Celeron
CeleronD
Prntium4のちょっと安い版、一時的にデータをためて置くメモリが少し少なく、動画処理など負荷がかかった時に少し遅くなります。 0.9
1
PentiumM ノートパソコン向けに省電力でも早いCPUとして開発されました。この辺りからクロック数だけでは速さを判断できなくなり、おおむねPentium4の2倍近い性能を半分の電力で実現しています。省電力だと発熱も少なく、冷却FANの音も小さくなり、結果としてバッテリーも長持ちします。 2.2
2
CeleronM PentiumMの廉価版、Pentium4のCeleronの関係と同じように、少しだけPentiumMより性能が落ちますが、普通に使ってて差を感じないレベルです。 2.0
2
CoreSolo
Celeron(デスクトップ用シングルコア)
Coreプロセッサという現在も主流のコアを使っている初期のCPUになります。PentiumMと比べて新しい分ちょっとだけ早いはずです。 2.4
2.5
CoreDuo
PentiumD
PentiumDualCore
Celeron(2コア)
CPUの中にコアが2つあるCPUです。一度に2倍の量の処理が出来ます。おおむね同じ周波数のPentiumMの倍くらい早いです。 4.4
4
Core2Duo 中古でも少しづつ出てきましたが、性能が良い分、若干お値段も高めです。ただそれだけの価値はあります。 4.8
5
Core i siries Core2の後継ですが、中古では2013年頃から市場に出回るでしょう。 5〜
5

【参考】
Pentium4-3.0Ghzと同等な各CPUのクロック数

・相対速度で割れば同等のクロック数が出てきます

Pentium4-3.0Ghz======Celeron-3.3Gz相当
Pentium4-3.0Ghz======PentiumM-1.4Ghz相当
Pentium4-3.0Ghz======CeleronM-1.5Ghz相当
Pentium4-3.0Ghz======CoreSolo-1.3Ghz相当

--
Intel/Core2Quadは、2007年1月には、11万円で発売が開始されましたが、4月には6万円台、7月には3万円台になり、最近ではかなり安くなってきています。自作PCや、持っているパソコン、中古パソコンのグレードアップにいいでしょう。